「ももかん」

こんにちは、接骨院三幸堂の後藤です。

明け方のワールドカップ、日本対ベルギーの試合すごかったですね。

本当に残念ですが、日本は敗れてしまいました。

 

昨夜は日本時間3時からキックオフということで、

テレビ中継を見ようか見まいか悩んでいました。

 

仕事に影響するといけないので、見ないと決め就寝しましたが、

やはり気になり3時半に目が覚めテレビ観戦。

 

試合には敗れましたがよく戦い、楽しませてくれました。

ありがとう、日本代表。

 

ところで、今朝ニュースで見たのですが、

日本代表の乾選手が5月にケガをしていたとのこと。

想像なので確かではないですが、

太ももに内出血があったということなので、「大腿四頭筋の打撲」ではないでしょうか。

 

私がトレーナーをしていたラグビーをはじめ、

サッカーやバスケットボールでもよくあります。

 

なぜか知らないですが選手たちはその打撲のことを「ももかん」と言っていました。

 

この「ももかん」、普通のケガだろうとなめてたらいけません。

 

重度の場合、深部に血腫(血の固まり)ができてしまいます。

以前は手術でこの血腫を取り出していましたが、

最近は注射で血腫を溶かして吸い出すそうです。

いずれにしても本格的にスポーツができるようになるには、

数カ月かかる場合が多いです。

また骨化性筋炎といって、文字通り筋肉の中に骨ができてしまうこともあります。

 

こうならないようにするには、アイシング、安静など初期の処置が重要になります。

もし、スポーツの最中に太ももを蹴られたりしたら、

できるだけ早く医療機関を受診するようにしてください。

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒465-0028 愛知県名古屋市名東区猪高台一丁目1407番地 セーヌ藤ヶ丘201
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
営業時間月・火・木・金 10:00-20:00
土曜日・祝日 9:00-14:00
定休日水曜日・日曜日
電話052-776-1239
駐車場近くに専用駐車場があります
接骨院三幸堂