「腰痛は温めたほうがいいの?冷やしたほうがいいの?」

こんにちは。接骨院三幸堂の後藤です。

 

 

今日も当院の近所で工事をやっています。

 

駐車場まで入りにくかったり、騒音でご迷惑をお掛けしています。

 

 

さて、よくある質問の一つに、「腰痛になったら温めたほうがいいのか、冷やしたらいいのか」

 

ということがあります。

 

 

一言で言ってしまえば、「急性は冷やす」「慢性は温める」です。

 

 

急性とは、ぎっくり腰など急に痛みが出て、大体3日以内の腰痛です。

 

この場合、筋肉やその周りの組織が“炎症”を起こしています。

 

 

“炎症”は熱感を生じますので、冷やすようにします。

 

ただ“炎症”も組織の修復過程で必要なものなので、

 

あまり冷やし過ぎても良くありません。

 

 

ですので、中には「氷で冷やす」などという方がいますが、

 

そこまでやらないほうがいいです。

 

 

せいぜい冷シップを2~3日貼っておけばいいと思います。

 

お風呂も長湯はせず、短めにしてください。

 

 

あと、私が患者さんにすすめるのは、

 

腰が痛くて伸ばせない場合は、

 

急性のときでも「お腹は温めてください」と言います。

 

 

なぜかというと、腰が伸ばせない場合、

 

お腹の筋肉がどんどん緊張して短縮してしまいます。

 

ですので、筋肉お緊張を防ぐために、「“貼るカイロ”をお腹に貼ってください」と

 

お伝えしています。

 

 

そして急性期以降、“炎症”がおさまった後の慢性期は温めていいです。

 

「じゃあ、腰にカイロを貼ったほうがいいのか?」というと、

 

そこまではしなくていいです。

 

お風呂にしっかり浸かったり、ストレッチを行ったりして、

 

血流をよくしていけばいいです。

 

 

以上が私の考えですが、人それぞれ状況によっても対処方法が違ってきます。

 

そんなときは専門家にご相談されるとよいかと思います。

 

当院へのアクセス情報

住所〒465-0028 愛知県名古屋市名東区猪高台一丁目1407番地 セーヌ藤ヶ丘201
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
営業時間月・火・木・金 10:00-20:00
土曜日・祝日 9:00-14:00
定休日水曜日・日曜日
電話052-776-1239
駐車場近くに専用駐車場があります
接骨院三幸堂